So-net無料ブログ作成

2016-10-06 チベット旅行 その3 [旅]

標高3000mの高さに体が慣れてきたので更に高いところへ移動します。

DSC_6907_DxO_1.jpg

DSC_6921_DxO_1.jpg

ツェタンからサラに戻る途中のミンドリン寺に寄って見学。

なんと僧侶の方が車のお祓いをしていました。

DSC_6941_DxO_1.jpg

DSC_6942_DxO_1.jpg

DSC_6947_DxO_1.jpg

DSC_6958_DxO_1.jpg

ブータン同様急な階段があります。

そういえば中の荘厳もブータンと同じ様です。

でもブータンではコレは見なかったな。

DSC_6962_DxO_1.jpg

ガルーダです。

このお寺お金を払えばお堂の中の写真を撮ってもOKなんです。

こんな機会滅多にないので勿論撮影させていただきました。

DSC_6970_DxO_1.jpg

DSC_6980_DxO_1.jpg

DSC_6989_DxO_1.jpg

DSC_6996_DxO_1.jpg

DSC_7002_DxO_1.jpg

DSC_7015_DxO_1.jpg

DSC_7018_DxO_1.jpg

DSC_7019_DxO_1.jpg

DSC_7024_DxO_1.jpg

DSC_7032_DxO_1.jpg

DSC_7046_DxO_1.jpg

DSC_7047_DxO_1.jpg

DSC_7066_DxO_1.jpg

DSC_7082_DxO_1.jpg

DSC_7087_DxO_1.jpg

同行者がタバコをあげたので撮影させてもらいました。

DSC_7090_DxO_1.jpg

 DSC_7105_DxO_1.jpg

この先峠を越えていきます。

DSC_7210_DxO_1.jpg

途中にはチベット犬と写真撮れるところがいくつかあります。

DSC_7220_DxO_1.jpg

DSC_7263_DxO_1.jpg

標高4750mのカンパ・ラ峠を越えると

DSC_7268_DxO_1.jpg

ヤムドゥク湖を見下ろせる展望台に到着。

DSC_7274_DxO_1.jpg

今回のチベット旅行に参加した理由の一つにはコノ神秘的な色を見たかったっていうのもあります。

DSC_7283_DxO_1.jpg

でも次第に曇ってきて色が変わってしまいましがたが

それでも素敵な色ですが。

DSC_7285_DxO_1.jpg

ココでもチベット犬との撮影ができます。

確か50元だったかな?(1元17円だからまあそこそこの値段ですね)

その後峠を後に先に進みます。

DSC_7376_DxO_1.jpg

DSC_7378_DxO_1.jpg

DSC_7419_DxO_1.jpg

氷河です。

ここは5050mのカルラ峠ですが、バスは止まらず先へ進みます。

DSC_7428_DxO_1.jpg

DSC_7433_DxO_1.jpg

DSC_7453_DxO_1.jpg

DSC_7460_DxO_1.jpg

DSC_7519_DxO_1.jpg

パンコル・チョエデとギャンツェ・クンブを参拝

DSC_7529_DxO_1.jpg

ココも有料で撮影できました。

DSC_7545_DxO_1.jpg

DSC_7547_DxO_1.jpg

DSC_7548_DxO_1.jpg

DSC_7549_DxO_1.jpg

DSC_7561_DxO_1.jpg

DSC_7576_DxO_1.jpg

DSC_7577_DxO_1.jpg

DSC_7588_DxO_1.jpg

このガラスケースに入った小さい仏像が国宝だそうです。

ただ西日が指し込んでるし鉄格子に金網もあって上手く撮れない。

DSC_7629_DxO_1.jpg

この仏像は怖いので顔を隠しているとか

DSC_7636_DxO_1.jpg

DSC_7639_DxO_1.jpg

DSC_7678_DxO_1.jpg

DSC_7686_DxO_1.jpg

ギャンツェ・ゾンは今回の見学コースには入ってなかったけど夜のライトアップは綺麗でした。

ただ同行者の殆んどは疲れてしまって9時前には部屋で休んでいたようで見なかったそうです。

確か8時前に夕食が終わった頃はまだ辺りは明るかったからね。

中国の時間は北京に統一されているので時差2時間以上あるけど同じ時間だから。

DSC_7734_DxO_1.jpg


nice!(109)  コメント(31)  トラックバック(0) 

nice! 109

コメント 31

ニッキー

色彩も鮮やかで賑やかな装飾のお寺ですねぇ^^
チベットに行かれてるので当たり前ですが、チベット犬がちゃんといるんですねぇ(^O^)
デカクてもふもふで可愛いなぁ(^-^)
とても神秘的で綺麗な湖に氷河、チベット旅行はちょっとした冒険旅行ですね!(^^)!
by ニッキー (2016-10-06 15:19) 

美美

牛が道路を歩いていると生活感がありますね。
湖の色、景色はほんと神秘的ですね!
お国柄、寺院も素晴らしい装飾ですね。
でも有料で撮影とは^^;
by 美美 (2016-10-06 22:59) 

ちょいのり

うはー!雲が近い(*´д`*)
有料でも撮影させてくれるのって有り難いですね!
過去に美術館博物館資料館歴史博物館。さんざんお断りされてきたので、
こういうの嬉しい(土地柄人柄もあるんでしょうね^^)
ヤムドゥク湖の水色すごい・・・!
by ちょいのり (2016-10-07 02:46) 

さる1号

隠すほど怖い顔の仏像、逆にどんな顔なのか気になりますね
ギャンツェ・ゾンの風景、素敵だな^^
by さる1号 (2016-10-07 10:39) 

まこ

ご無沙汰してしまっていたので
まとめてチベット旅行記を楽しんでいます(^_^)v
お日様や雲のアウトラインが全然違いますねぇ~❤
仏様のカラフルさも寺院の外観も
異国情緒たっぷりでとっても素敵!!
by まこ (2016-10-07 16:03) 

旅爺さん

いろいろと幅広く楽しめる良い所ですね。
1度は行ってみたくなりました。
by 旅爺さん (2016-10-08 10:22) 

えーちゃん

道路は牛が占領してるんだニャ?(^^;
しかし、仏像はカラフルで日本とは大違いだニャ。
by えーちゃん (2016-10-08 12:37) 

らしゅえいむ

驚くような形、
すばらしい色、
やさしそうな顔、
きれいな写真。
とても癒されました。
ありがとうございました。

by らしゅえいむ (2016-10-09 16:35) 

さといも野郎

標高5000mですか、、、全く未体験ゾーンです(^^;
色鮮やかなんですが、なんだか和む不思議な色彩ですね。
それが聖地の迫力なんでしょうかね。
by さといも野郎 (2016-10-10 23:03) 

旅爺さん

爺もチベットでお祓いして貰いたいです。
ヘッジトリマーのご心配ありがとう御座いました。
実は同じようなトリマーを数年前から使ってるんです。
生け垣の木はどんどん太くなっていくのでトリマーでは苦戦を強いられてるので、今後について考え中なんです。
by 旅爺さん (2016-10-13 17:11) 

風来鶏

お金を払えば撮影OKのお寺、正に「地獄の沙汰も金次第」ですね(^^;;
by 風来鶏 (2016-10-14 18:30) 

旅爺さん

チベットはまだなので1度は行ってみたいです。
でも外国は家内がテロを怖がってるんですよ。
by 旅爺さん (2016-10-15 19:20) 

gen

ニッキーさん、こんにちは。
日本の仏像はもっと質素な感じがしますが昔は漆や金箔で煌びやかだったんじゃないかな。今はそれが剥げていい具合に趣があるのですが。
異文化に触れて改めて日本の良さを感じてきました。
by gen (2016-10-17 11:34) 

gen

美美さん、こんにちは。
この湖の色いいでしょ。
これが一番見たかったのですが天気には勝てませんでした。
有料でも撮影できるだけありがたいです。
殆んど写真撮れないところばかりですから。
by gen (2016-10-17 11:36) 

gen

ちょいのりさん、こんにちは。
お賽銭をちょっと奮発したと思えば安いものです。
外見だけじゃ面白くないものね。
by gen (2016-10-17 11:40) 

gen

さる1号さん、こんにちは。
時間があればギャンツェ・ゾンにも寄りたかったのですが、移動に滅茶苦茶時間がかかりましたからね。
出来ればもっと腰を据えて撮影したいところばかりでした。
by gen (2016-10-17 11:45) 

gen

まこさん、こんにちは。
標高が高いとこれほど景色が変わるんだと改めて認識しました。
殆んど飛行機から見るあの色合いが窓を介さずにあるのが感動的でしたね。
by gen (2016-10-17 11:48) 

gen

旅爺さん、こんにちは。
今回はチベットのほんのさわりの一部ですよ。
もっと奥地にはとてつもない景色が広がっているようなのですが、そこには相当覚悟していかないと不便なところみたいです。
by gen (2016-10-17 11:50) 

gen

えーちゃんさん、こんにちは。
牛やヤクは家族同然の暮らしですね。
糞も貴重なエネルギー資源なので大切にされてます。
by gen (2016-10-17 11:53) 

gen

らしゅえいむさん、こんにちは。
日本とは全然違う世界に圧倒され写真におさめるのが精一杯の旅でした。
by gen (2016-10-17 12:42) 

gen

さといも野郎さん、こんにちは。
運よく高山病にもかからず旅を終えましたが帰ってから暫くすると何故か呼吸が苦しい時があるんですよ。
一緒に行った仲間も帰ってからのほうがキツクない?って言うものだから半分向こうに慣れてしまったみたいです。
by gen (2016-10-17 12:51) 

gen

旅爺さん、こんにちは。
そうでしたか。
僕も太い木に難儀してます。
今年はその太いヤツをチェーンソーでやっつけたので来年は少しはマシになるかな。
by gen (2016-10-17 12:54) 

gen

風来鶏さん、こんにちは。
今まで行った寺院で(日本も含めて)撮影OKだったところって殆んど無かったような気がします。
その分多少(全部で100元ぐらいだったかな)お金を払ってでも撮影できるのなら御の字だと思いますよ。
by gen (2016-10-17 12:57) 

gen

旅爺さん、こんにちは。
やはりテロは心配ですね。
こればっかりは天に運を任せるしかありません。
by gen (2016-10-17 13:02) 

旅爺さん

昨日までは少し寒かったですが、
今日は暖かくなるようですね。
お出かけでしょうか?。
by 旅爺さん (2016-10-18 09:47) 

駅員3

いやー、いずれの写真も素晴らしいく一枚一枚見入ってしまいましたが、最後の一枚にはやられました。
この寺院のライトアップの写真は格別に素晴らしいです。
by 駅員3 (2016-10-21 07:18) 

旅爺さん

爺もペルーではリマからチチカカ湖に行った時は4500mの高地を
バスで行きました、途中は歩いたりもしましたが頭痛がしましたよ。
コカインの葉を煎じた物を飲むと治るはずですが爺はだめでしたね。
by 旅爺さん (2016-10-23 08:58) 

gen

駅員3さん、今晩は。
まさかこんなライトアップがされているとは思っていなかったので廊下の窓をふと見たら「なんじゃコレは」ということで慌てて三脚セットして撮りました。
荷物になるけど三脚持って行った甲斐がありました。
by gen (2016-10-25 19:57) 

gen

旅爺さん、今晩は。
標高が高い所は高山病のリスクもありますが平地とは違って素敵な光景が見れますね。
by gen (2016-10-25 20:02) 

旅爺さん

大分涼しくなってきましたが次の旅行は計画されましたか?
※ ドラム缶はガソリンスタンドでただでくれますよ。内部洗浄して貰うと3000円位取られます。
by 旅爺さん (2016-10-26 12:03) 

えーちゃん

(▼∀▼)はっ (▼ω▼)ぴ~(▲∀▲)はろ (▲ω▲)うぃん
by えーちゃん (2016-10-31 00:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0